チャットボット、マーケティング・オートメーション、CSをこれ一つで
チャットでこれらをすべて実現する 最強のツール、それがChannel.ioです
数多くの企業がチャネルでリード獲得・売上拡大に成功しました。次はあなたの番です
ナッジ
Beta
ナッジ(Nudge)とは“肘をつく”という意味から、人の認識に働きかけることで行動を誘導する認知心理学のキーワードです。チャネルでは自動で顧客に話しかけることで購買行動を誘導させるマーケティング・オートメーション機能を提供しています
プロフィールBOT
Coming Soon
名前やメールアドレス、電話番号など、知りたいお客様の情報を設定しておくことでお客様に自動でお伺いします。
社内リソースの心配は不要! 少人数チームだからこそチャットが必要です
SMS連携で最後まで対応
お客様がウェブを閉じても心配無用。 SMSでお客様との会話を続けられます。
FAQ Bot
Coming Soon
繰り返される質問には自動化されたチャットボットに対応してもらいましょう。オペレーターの負担を減らし、より集中すべき問合せにフォーカスをあわせられます
返信時間の設定
お客様はいつ返信を貰えるかが気にしています。 見込み応答時間または不在時のスケジュールを設定して運営時間を管理しましょう
ブランドのファンを生む “パーソナライズ”されたチャット
ウェルカムメッセージ
ページごと、動線設計ごとに合わせたウェルカムメッセージを設定し、よりスムーズな顧客コミュニケーションを始めましょう
アイコンのカスタマイズ
サイトのトンマナに合わせたカラーでチャットボタンをカスタマイズしたり、イメージファイルをアップロードしてより親しみやすいチャットにアップデートしましょう
Open API / Webhook支援
より便利なカスタマイズを行う場合、Open APIをご利用ください。Webhookを利用してSlackやZapierなど外部サービスとの連携が可能です
管理用アプリでいつ・どこでも
私達は一本化した社内のコミュニケーションはより迅速な意思決定に繋がり、 お客様の企業に対するエンゲージメントを強めると信じています。 また、シンプルで使いやすいビジネス・チャットツールで社内の生産性を大きく高めることが可能です
チームの意思決定スピードを加速する グループチャットを無料でご利用いただけます
グループチャット
チーム内でのコミュニケーション、まだメールやLineをお使いですか? チャネルを使えばビジネスチャットも無料でご提供!チームの生産性も上がります
ダイレクトメッセージ
チームメンバー同士のダイレクトな会話やチャットルームの公開範囲も設定可能。
メッセージの検索&永久保存
お客様とのメッセージをいつでも検索して過去の問合せを参照しながら対応しましょう。 ProではExport機能もご提供します
まるで目の前で接客しているような ウェブでの体験を
顧客プロフィールの表示
お客様の名前や携帯電話場号、連動された商品の情報までをひと目で見ながら接客します。
顧客の行動トラッキング
ウェブサイト上でのお客様の行動をトラッキングができるため、どのサイトを見た上でのご質問か確認できます。
タグ
お客様の問合せにタグを付けてみましょう。統計機能と組み合わせればお客様が何を求めているか、常に把握できます
非公開会話
お問い合わせの中でお客様には見えない非公開チャットも可能なため、対応を相談しながら相談を進められます
テンプレート
よく使うフレーズなどをテンプレート化させておけばすぐ対応が可能です。
簡易翻訳
外国語でのお問い合わせもワンクリックで翻訳! ※翻訳の精度に関しては保証できかねますので、ご参考程度にご利用ください
通知機能
お客様から連絡があった場合、アプリのプッシュ通知でお知らせします
リアルタイムでサイト訪問者のデータを一元管理
サイト上のお客様にメッセージを送信
お客様へ先に“お声がけ”することができます。どのページにどのくらい滞在するのか、リアルタイムで確認して先に話しかけてみましょう
会員DBとの連動
すでにためている顧客データとの連動ができます。購買履歴や累計購入金額などを見ながらお客様とコミュニケーションを取りましょう
アクセスリスト
アクセスしているお客様の情報が非会員の場合でも最大3ヶ月間保存されます
統計
今月はどんな問合せが一番多かったか、どんな時間帯の問合せが多かったかをデータで管理し、より効率的な顧客対応の体制を構築できます
直感的なUI/UX
様々な設定項目が直感的に設計されているため、誰でも簡単に馴染みやすいサービスです。社内での導入研修などもなく直ぐに使い始められます
開発ドキュメント・利用マニュアル
エンジニア向けの開発ドキュメントも充実しているため、カスタマイズしたチャットでボットを作り込んだり、様々なサービスと連携させることができます