有料プランの詳細と契約方法 thumbnail

このガイドは

有料プランの詳細と契約方法

ビジネス規模や利用状況に合わせて有料プランをご契約ください。

有料プラン契約時の決済内容について

チャネルトークで決済される内容は、「プランの支払い」と「利用量の支払い」がございます。ビジネス規模や利用方法にあったプランを決済をすることで有料プランの契約が始まります。

プランには、MU・基本シート・オペレーターシートが含まれており、プランごとに提供されるMUやシート数(プラン提供量と呼びます)は異なります。プラン提供量を超えて利用した分は、従量課金されます。また、オプション機能の利用量も従量課金されます。

従量課金分は後払いでの支払い・利用量の先払いの2つの方式でお支払いいただけます。


プラン・オプション機能のお支払いは、お客様がご希望のお支払い方法を選択してご利用いただけます。下記で詳しくご説明いたしますので、ご確認ください。

プランの支払いについて

上記でご案内したように、プランには、MU・オペレーターシート・スタッフシートが含まれており、プランごとに提供されるMUやシート数(プラン提供量と呼びます)は異なります。

お支払いは、月額払い・年額払いが可能です。

ㅁ

年商が10億円以上の企業はEnterpriseプランの契約が必要です。ビジネス規模にあっていないプランを契約された場合チャネルトークの利用が制限される可能性がございます。

Early Stageには利用上限がございます。利用上限を超えた場合はGrowthプランの契約が必要です。
GrowthプランとEnterpriseプランは利用上限はございません。

利用量の支払いについて

MU、シート、オプション機能は実行回数/配信回数ごとに単価が設定されており、多く利用すればするほど料金はお得になります。利用量は先払いするか、後払いでお支払いが可能です。

  • MU(連絡先管理の顧客数)

    • プラン提供量を超えて利用した分が、件数に応じて単価が適用され請求されます。

    • 連絡先管理に保存されている顧客数が多ければ多いほど、単価は安くなります。

    • 例)Growthプランで顧客情報を3,000人を追加した場合 (連絡先管理に保存されている顧客数は全6,000人)

      1,000人 x 3円 = 3,000円
      2,000人 x 2円 = 4,000円

      追加で発生する料金の総額は7,000円で、上記のように追加件数に応じて単価が異なります。

    あ

  • シート

    • 基本シート (スタッフ)

      • チャネルに参加すると、必ず基本シートが割り振られます。

      • 基本シートを持つスタッフは、社内チャットの利用が可能です。

      • 問い合わせには「フォロワー」として顧客会話&社内会話が可能です。ただ、担当者になることはできず、初動対応はできません。問い合わせ情報の閲覧は可能です。

    • オペレーターシート (顧客対応担当者)

    あ

  • オプション機能

    • 月当たりのサポートbotと接客フロー自動化の実行数あたりの単価は以下の通りです。

    あ

    • 月あたりのCRMマーケティングの配信件数あたりの単価は以下の通りです。

    あ

契約方式

月額払い

  • 毎月決済日にプランの料金が請求されます。

  • プラン提供量を超えて利用した場合、翌月の決済日に請求されます。
    例)毎月の決済日が1日の場合

    • 2024年1月1日:1月1日〜1月31日のプランの料金が請求

    • 2024年2月1日:1月1日〜1月31日のプラン提供量を超過して利用した分&オプション機能の利用量+2月1日〜2月29日のGrowthプランの料金を先払い

ㅁ

年額払い

  • 年額払いをすると月額払い時よりも25%割引された料金でご利用いただけます。

  • プランの料金を一括で決済する必要がございます。

  • 後払いが必要な利用量がある場合は、プランの料金とは別に毎月後払いで請求されます。

ㅁ

支払い方法

  • 後払い

    • プラン提供量を超えて追加でMUやシートを利用した場合、利用した分だけ後払いで請求されます。

    • サポートbotまたは接客フロー自動化の場合は実行件数、CRMマーケティングの場合はメッセージの配信件数が後払いで請求されます。

    • 今月の利用量から、今月の利用量を後払いで請求予定の金額を確認いただけます。(→利用量の画面のガイドを確認する)

  • 利用量の先払い

    • MU、シート、オプション機能はそれぞれ利用量を12ヶ月分先払いで購入可能です。

    • 先払いで購入すると後払い時よりも25%の割引が適用されます。
      (SMSの送信料金を前払いしても割引は適用されません)

    • 利用量は12ヶ月分を一括で先払いいただきますが、1ヶ月に先払いした利用量から利用できる分には制限がございます。最小利用量/最大利用量が定められているため、この範囲内でご利用ください。

      (→利用量の先払いについて確認する)

  • 上限の設定

    • 月当たりの利用量を予測して、利用量の上限を設定できます。一定金額以上請求されないようにしたい場合などにご活用ください。

    • 設定した上限は、設定後の削除・変更が可能ですので、予想していたよりも利用量が増加しそうな場合には上限を変更しましょう。

有料プランの契約例

プランの月額払い/年額払い、利用量の先払い/後払いなど状況に合わせて支払い方法を変更できます。ビジネスの状況や利用状況に合わせて契約方法をお選びください。

例)プランとサポートbotは1年間利用予定だが、契約から半年後のタイミングにCRMマーケティングの利用を考えているケース

→プランを年額払い+サポートbotの利用料は前払い、そしてCRMマーケティングは利用後後払いで利用

ああ

有料プランの契約方法

有料プランへの変更

  1. [チャネル設定] - [料金プラン・支払い] - [料金プラン] - [決済内容] をクリック
    14日間の無料トライアルを完了していない場合は、[14日間の無料トライアルをする
    ] をクリック

    s

  2. [有料プラン] - [契約単位(月/年)] - [契約したいオプション機能] を選択

    s

  3. 料金を確認後 [プラン変更] をクリックしてください。
    カード情報が登録されていない場合は、カード情報の登録画面が表示されます。

    s

  4. プランの変更後、ご希望の場合は上限の設定や利用量の先払いを行ってください。

    あ

Shopify決済

Shopifyでチャネルトークを連携させた場合、チャネルトークで発生する全ての決済はShopifyに登録した決済手段にて行われます。

決済手段の登録

---

  1. Shopifyと連携している場合、有料プランの契約または決済手段登録時に上記のメッセージが表示されます。[支払い方法の登録] をクリックすると、連携したShopify画面に遷移します。

  2. Shopify画面でご希望の決済方法を追加してください。

  3. 支払い方法の追加後、右上の [承認] ボタンをクリックします。

  4. その後、チャネルトーク画面で紫の [確認] ボタンを必ず押してください。

請求の限度額

  • 方法:[チャネル設定] - [料金プラン・支払い] - [支払い管理] で登録されたカードをクリックして上限額を変更することができます。

  • 上限額にはチャネルトークから請求される有料プランや後払い分などの全ての費用が含まれており、上限額はリスト以外の金額も手動で入力が可能です。

-