CRMマーケティングの統計 thumbnail

このガイドは

CRMマーケティングの統計

統計機能で、顧客に配信したマーケティングのメッセージがどのぐらいフックとなり流入に繋がったのか分析できます。 クリック率からゴール達成まで、ステップ別の顧客の流入経路を確認してみましょう。

構造について

[CRMマーケティング] - [一斉配信] / [自動配信] からCRMマーケティングの統計を確認できます。

マーケティングリスト

  • 閲覧の次の項目(クリック、ゴール達成など)が表示されない場合、ページの比率を調整してください。

  • マーケティングのメッセージをクリックすると、各マーケティングメッセージごとの統計を確認できます。

    a

データの詳細

  • [実行]、[閲覧]、[クリック]、[ゴール達成]の横のチェックボックスから、各グラフを選択し確認できます。

  • グラフをクリックすると、日別で各データを確認できます。

  • 期間の指定はデフォルトで [直近30日] になっていますが、確認したい期間を [ユーザー指定期間] から確認可能です。

    a

データの用語説明

a

  • 実行

    • マーケティングメッセージを受信した顧客数が表示されます。

  • 閲覧

    • 顧客がマーケティングメッセージを閲覧した際に計測されます。

    • 顧客がマーケティングメッセージを受信してから1週間後に閲覧した場合は "閲覧" として計測されません。

      • サイト上で確認 : 吹き出し表示の場合は、メッセージをクリックすると閲覧に計測されます。全画面表示の場合は、表示されただけで閲覧に計測されます。

      • SMS:SMS内に添付されているリンクをクリックし、実際にチャネルトークのチャット画面でマーケティングメッセージを確認した時のみ、閲覧に計測されます。SMSの受信だけでは閲覧には計測されません。

      • メール : メールを開くと閲覧に計測されます。 但し、Gmailの場合は閲覧を計測できない可能性があります。

  • クリック

    • メッセージ内の画像やリンク(リンクボタン)、YouTubeのリンクなどメディアが含まれている場合は、該当のメディアをクリックした際に計測されます。

  • ゴール達成

    • ゴールとして設定したアクションを顧客が行うと、ゴール達成として計測されます。

    • ゴール達成はメッセージの配信後、最大30日間計測します。

    • 顧客がマーケティングメッセージを閲覧しなかったり、閲覧してから1週間が経過してから達成した場合は、ゴール達成には反映されません。

SMSでのみ配信した場合は、送信数が閲覧数として計測されます。
ゴール達成のデータを確認する際にご参考ください。

データのダウンロード

  • データのダウンロードは、データのダウンロード権限を持っているマネージャーのみ可能です。

  • 各マネージャーのデータのダウンロード履歴は記録され、データのダウンロード権限を持つマネージャーが最大で1年間閲覧できます。

  • ダウンロード時に必ずダウンロードファイルのパスワードを設定する必要があり、ダウンロード履歴にダウンロード理由の記入も必要です。(ダウンロード後にパスワードを紛失した場合は、ファイルを開くことができません。再度ダウンロードしてください。)

  1. [CRMマーケティング] - [一斉配信] / [自動配信] - [ダウンロードしたいマーケティング]-[結果をダウンロード] をクリック

  2. ダウンロード理由とファイルのパスワードを入力して、ダウンロードを実行

    a

データの各項目の意味

一斉配信のデータ

フィルタリングした期間設定とは関係なしに、該当の一斉配信のデータを一度にダウンロードします。

a

データワークシートの区分

シート名

説明

OneTimeMsg data

一斉配信の固有ID、及び作成や配信の情報

OneTimeMsgUser data

対象顧客の配信の閲覧、クリック、ゴール達成の有無

User data

対象顧客のプロフィール情報

OneTimeMsg data シート

データの値

説明

備考

id

一斉配信の固有ID

name

作成した一斉配信の名前

state

一斉配信のステータス

sent

対象顧客に配信した一斉配信の件数

view

一斉配信を閲覧した顧客の数

*サイト上で確認 : 吹き出し表示の場合、メッセージのクリックで閲覧に計測

全画面表示の場合は、表示されただけで閲覧に計測

*SMS:SMS内に添付されているリンクをクリックした場合計測(SMSの受信だけでは閲覧には計測されない)

*メール : メールを開くと閲覧に計測(Gmailの場合は閲覧を計測できない可能性あり)

goal

設定したゴールを達成した顧客数

click

配信がリンクを含んでいる時、該当のリンクをクリックした顧客数

createrAt

一斉配信の作成日

startAt

一斉配信の配信日時

OneTimeMsgUser data シート

ユーザーデータ(User data)は、接客チャット統計でも確認が可能な顧客プロフィール情報と同じです。

データの値

説明

oneTimeMsgId

一斉配信の固有ID

userId

配信対象顧客のID

state

一斉配信のステータス

sent

各顧客に一斉配信が配信された時間

view

顧客が一斉配信を閲覧した時間

goal

設定したゴールを達成した顧客数

click

顧客が一斉配信内に添付されたリンクをクリックした時間

自動配信の統計データ

フィルタリングした期間設定とは関係なしに、該当の自動配信のデータを一度にダウンロードします。

データのワークシートの区分

シート名

説明

Campaign data

自動配信の固有ID、及び作成、修正、開始、終了の情報

CampaignStat data

自動配信期間の日別の達成情報 (受信、クリック、ゴール達成など)

CampaignUser data

自動配信の配信対象顧客の情報、及び閲覧、ゴール達成の有無

User data

対象顧客のプロフィール情報

Campaign dataシート

データの値

説明

備考

id

自動配信メッセージの固有ID

name

作成した自動配信の名前

state

自動配信メッセージの配信状態

sent

対象顧客に配信したメッセージの数

view

メッセージを閲覧した顧客の数

*サイト上で確認 : 吹き出し表示の場合、メッセージのクリックで閲覧に計測

全画面表示の場合は、表示されただけで閲覧に計測

*SMS:SMS内に添付されているリンクをクリックした場合計測(SMSの受信だけでは閲覧には計測されない)

*メール : メールを開くと閲覧に計測(Gmailの場合は閲覧を計測できない可能性あり)

goal

設定したゴールを達成した顧客数

click

配信がリンクを含んでいる時、該当のリンクをクリックした顧客数

startAt

自動配信の開始日

endAt

自動配信の終了日

createdAt

自動配信の作成日

updateAt

自動配信のアップデート日

CampaignStat dataシート

ユーザーデータ(User data)は、接客チャット統計でも確認が可能な顧客のプロフィール情報と同じです。

データの値

説明

備考

campaignId

自動配信の固有ID

date

日付

-自動配信を行なった期間を1日単位で表示

sent

特定の日付に配信された自動配信の合計件数

view

特定の日付にメッセージを閲覧した顧客の数

goal

特定の日付にゴール達成した顧客の数

click

特定の日付にメッセージ内に添付されたリンクをクリックした顧客の数

CampaignUser data シート

データの値

説明

campaignId

自動配信の固有ID

userId

配信対象顧客のID

sent

各顧客に自動配信が配信された時間

view

顧客が自動配信を閲覧した時間

goal

顧客が設定したゴールを達成した時間

click

顧客がメッセージ内に添付されたリンクをクリックした時間