ビデオMeet thumbnail

このガイドは

ビデオMeet

チャット中にテレビ会議ができ、画面共有をしながらコミュニケーションができます。

現在一部のアプリ内ブラウザでMeetをご利用いただくことができません。アプリ内ブラウザでMeetができるようにアップデートされ次第、ご案内いたします。

チャネルトークは顧客と社内スタッフの両方が参加できるカンファレンスコールができる機能を "Meet" という名称で提供しています。Meetは電話機能・ボイスMeet・ビデオMeetに分けられます。

電話機能

  • チャネルトークで発行した050番号を利用して顧客と話すことができます。

  • チャネルトークの電話番号↔︎顧客の電話番号を接続するための新しいチャットルームが開きます。

  • 電話で開始されたチャットルームは電話問い合わせに分類されます。

ボイスMeet・ビデオMeet

  • 電話番号の発行なしでネットワーク環境のみで音声と映像のコミュニケーションができます。

  • 担当者のついている接客チャットでボイスMeetとビデオMeetでき、引き続き同じチャットでやり取りを続けられます。

  • チャットの中で開始されるためチャット問い合わせに分類されます。

ボイスMeet・ビデオMeet

電話機能

ビジネス認証

X

O

電話番号

X

O

必要プラン

有料プラン+オペレーターシートを保有しているスタッフ

有料プラン+オペレーターシートを保有しているスタッフ

通話料

X

O

音声のテキスト化

X

O

録音

X

O

参加者

最大10人

最大10人

開始方法

対応中のチャットルームの中で開始

新しいチャットルームが生成

問い合わせの自動振り分け

X

O

設定方法

モバイルSDKではMeetをサポートしていません。

顧客からスタッフにボイスMeetを始められるように設定できます。設定をすると顧客のチャット画面でMeetを始めるためのボタンが表示されます。

顧客のチャット画面で担当者がついているチャットの場合のみにMeetボタンが表示され、顧客がMeetをかけるとそのチャットの担当者に着信が届きます。

顧客のオフラインの場合は、返信通知機能でMeetリンクを送信できます。

  • 方法:[チャネル設定] - [Meet] - [ボイス・ビデオMeet]

--

発信

既存のチャットでMeetを発信する

外部メッセンジャーで開かれたチャット画面ではMeetができないため、Meetボタンは露出されません。

顧客とチャット中に [Meet] ボタンを押すと、顧客とのMeetを開始することができます。

  1. 受信トレイの上部にある [Meet] - [ビデオMeet] をクリック
    -

  2. 顧客がオンラインの場合は顧客にMeetウィンドウが表示され、顧客がオフラインの場合は返信通知機能でSMSが送信されます。
    -

新規のチャットでMeetを発信する

顧客プロフィール画面で [Meet] ボタンを押すと新しいチャットルームが開きます。

  • 方法:[顧客プロフィール] - [Meet] - [ビデオMeet]

-

ビデオMeetに切り替える

一度ビデオMeetに切り替えるとビデオMeetとして記録が残ります。

顧客とボイスMeet中に [Meet] ビデオをオンにしたり、[画面共有] をクリックするとビデオMeetに切り替わります。ビデオMeetに切り替え後、ビデオを終了しても [ビデオMeet] に属性が変更されます。

-

  1. ビデオ:クリックするとカメラがオンになり、ビデオMeetに切り替わります。

  2. 画面共有:クリックすると、どの画面を共有するかを選択するウィンドウが表示され、自分の画面をMeet参加者に共有できます。

顧客が電話機能で通話を始めた場合は、スタッフがビデオをオンにしても顧客はビデオを見ることができません。顧客とのビデオMeetはチャネルトーク内の [Meet] ボタンを通じてのみ可能です。

画面共有

顧客がモバイルウェブ経由で流入した際は画面共有はサポートされません。

画面共有ボタンを押して今見ている画面や全画面をビデオMeetで共有できます。接続したブラウザによって共有画面を選択するウィンドウは異なります。

-

画面共有の権限設定

モバイルアプリ(iOS、Android)は個別に権限を許可せずにMeet中の画面共有ができます。

画面共有の権限がない場合、権限設定を要求する画面が表示されます。[設定] ボタンを押して画面共有の権限を許可してください。

ウェブブラウザ

Windowsは個別に権限を許可せずにMeet中の画面共有ができます。

Safari

Safariでは画面共有時に常に画面共有ポップアップが表示されます。このポップアップの許可をクリックして、画面共有を開始してください。

-

Chrome

[システム環境設定] - [プライバシーとセキュリティ] - [画面収録とシステムオーディオ録音] でChromeアプリの画面収録を許可してください。

-

Edge

[システム環境設定] - [プライバシーとセキュリティ] - [画面収録とシステムオーディオ録音] でEdgeアプリの画面収録を許可してください。

-

デスクトップ

Mac

[システム環境設定] - [プライバシーとセキュリティ] - [画面収録とシステムオーディオ録音] でチャネルトークアプリの画面収録を許可してください。

-

社内チャットでのビデオMeet

社内チャットでのビデオMeetはオペレーターシートを保有していなくても利用できます。

社内チャットのチャットルームやDMでもビデオMeetを利用できます。社内チャットの上部にある [Meet] - [ボイスMeet] ボタンを押してスタッフ同士の会議が可能です。

-

権限設定

権限を設定した後もMeetができない場合は、リロード(再読み込み)をしてからもう一度お試しください。

ビデオMeetをするにはマイクとカメラのアクセス権限を許可する必要があります。ご利用のデバイスやブラウザごとにアクセス権限の設定方法を確認してください。

ウェブブラウザ (PC)

Chrome

  1. 右上の [•••] ボタンを押し、[設定] をクリックします。
    -

  2. [プライバシーとセキュリティ] - [サイトの設定] にアクセスします。
    -

  3. [権限] - [マイク]、[カメラ] にそれぞれアクセスします。
    -

  4. 「サイトでマイクの使用を要求できるようにする」にチェックがされているかを確認し、チャネルトークのアドレス(channel.io)が遮断されていないか確認してください。
    --

  5. ビデオMeetを利用する前に左上に表示されているマイクとカメラの使用権限を許可してください。
    -

  6. もし、上記の設定でも動作しない場合、OS(Windows/Mac)設定でChromeアプリに対するマイクとカメラ権限が許可されているかを確認してください。

Edge

  1. 右上の [•••] ボタンを押し、[設定] をクリックします。
    -

  2. [Cookieとサイトのアクセス許可] - [マイク]、[カメラ] にそれぞれ接続し、[アクセス前に確認する(推奨)] をONにしてください。
    --

Safari

  1. 左上の [Safari] - [環境設定] をクリックします。
    -

  2. [Webサイト] - [マイク]、[カメラ] でそれぞれチャネルトークアドレス(channel.io)に対して権限を許可してください。
    --

ウェブブラウザ (モバイル)

Chromeアプリは設定を変更すると既存のMeetが終了するため、権限の許可後にMeetを再試行してください。

iOS ウェブブラウザ

  • [設定] - [使用するブラウザアプリ] を選択後、マイクとカメラのアクセス権限を許可後にブラウザアプリに再度接続してください。

例)Chromeの場合

-

  1. [設定] - [Chrome] を選択します。

  2. マイクとカメラへのアクセスを許可し、Chromeに戻ります
    Chromeアプリの特性上、設定を変更すると既存のMeetは終了するためMeetをもう一度お試しください。

AndroidWebブラウザ

  • [設定] - [アプリ] - [使用するブラウザアプリ] - [権限] - [マイク]、[カメラ] を選択後、それぞれ権限を許可してください。

  • 許可した後にMeetウィンドウに戻り、マイクボタンをもう一度押してください。ポップアップの [許可] ボタンを押すとマイクの利用が可能になります。

例)Chromeの場合

--

  1. Chromeアプリを長押し [アプリ情報] をクリックします。

  2. [アプリ情報] で [権限] をクリックしてください。

  3. マイクとカメラをそれぞれクリックしてください。

  4. 各権限を [アプリの使用中のみ許可] に変更してください。

  5. Chromeに戻ります。

  6. Chromeアプリの特性上、設定を変更すると既存のMeetが終了するためMeetをもう一度お試しください。

デスクトップアプリ

Windows

  1. [システム環境設定] - [プライバシー] - [マイク]、[カメラ] でそれぞれアクセス許可と Channel.io アプリでのマイクとカメラのアクセスを許可してください。
    -

  2. 設定後、Channel Talkアプリを再起動すると権限が適用されます。
    [チャネルトーク管理者プログラムの左上のアイコン] - [Channel Talk] - [Quit]

    -

    • Windowsアプリでマイクとカメラの設定ができない場合は、チャネルトークアプリを [管理者として実行] 後に使用してください。

      • [デスクトップ] - [チャネルトークアプリを右クリック] - [管理者として実行]

    -

Mac

  1. [システム環境設定] - [プライバシーとセキュリティー] - [マイク]、[カメラ] を選択します。
    -

  2. [マイク]、[カメラ] でそれぞれChannelの権限を許可してください。
    --

モバイルアプリ

iOS

  1. [設定] - [チャネルトーク] を選択後、マイクとカメラの使用権限をONにします。
    -

Androind

  1. [設定] - [アプリケーション] メニューでチャネルトークを選択します。
    -

  2. [マイク]、[カメラ] でそれぞれアクセス権限を許可してください。
    -